3回線のキャリアアグリゲーションにより

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、ちょっと変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。

WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。
なんで、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く異なります。

具体的には、3回線のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダにはランナップされていません。

WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマートフォンよりも小さいです。ですので、邪魔にならない大きさです。
ポケットからはみ出さないサイズですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。(GMOとくとくBB WiMAX 2+は業界最高額のキャッシュバック!から)

 

ワイマックス端末は、スマホアプリを使って操作可能です。ですから、WiMAX通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用する事も出来ます。

大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、帯域制限に注意しましょう。他のモバイルサービスと比べ、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。
そうは言っても、速度制限が無い訳ではありませんので、通信し放題だと勘違いしないようにしたいものです。

 

とは言っても、仮に速度制限になってしまったとしても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。UQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用して、人口カバー率が99%を超えている、かなり受信しやすい通信回線です。

800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が届きやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がっています。Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なう技術の事です。
このテクノロジーにより、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになる訳なのです。
その他にも、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングをする事が出来ます。

 

WiMAXのサービスを導入した事により、私の日常は大きく一変しました。最も変わったのが、スマートフォンで7G制限を気にする事がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。
そして、スマートフォンサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限は二つあります。
まず、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限と呼ばれているものがあります。二つ目は、混雑回避の為の速度制限と言われるものです。
ギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。だけども、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。

WiMAXサービスに申し込むと、この利便性の良さに驚かされます。私が契約後に思ったのが、速度制限が厳し過ぎないと言うところです。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。

 

UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。

 

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末ですから、バッテリーを内蔵していない関係から、使用用途は屋内使用のみに限定されています。
ですが、可動式の高利得アンテナが外付けになっており、受信精度の良さが特徴の一つとなっています。

その上、一度に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線で通信する事が可能です。

 

そして、WiMAX通信だけを利用するノーリミットモードに対応していますので、帯域制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。

WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、数社あります。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、そう言った点で、気を付ける必要があります。

 

たとえば、最も安心感のあるところとWiMAXの契約を行いたいと言うのならば、UQ WiMAXの一択になります。

従って、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、契約先選びはきちんと行なう様にしたいものです。
人気のWiMAXと言うサービスについて調べると、結構言われている事があります。

 

具体的には、電波がプツプツ途切れるだとか、そう言う悪い口コミもあります。

にしても、WiMAXを取り巻く環境は毎日変化しています。
ですから、現状と口コミの内容が食い違うと言う事もしばしば起こり得ます。

 

WiMAXの口コミを読む際には、あまり古い口コミは信用しないようにしましょう。

UQ WiMAXサービスの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他モバイルインターネットサービスだと、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。
問題ない事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?ですが、WiMAXならば普通に映画が観れますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。

 

WiMAXサービスを提供しているのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているところもあります。例を挙げれば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。
DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やレジャー施設、他にも、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。映画のチケットやミュージカル、美術館や展覧会など、書き尽くせないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、幅広い方に価値を感じて貰う事が出来ます。WiMAX端末は、どんどん高性能化されています。
何より、通信速度の向上が目立ち、現在は、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。
ただし、ここのところは通信の速さよりも、総通信量に対する注目が集まっています。
最新WiMAX機器のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。
と言うのも、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にした速度制限、これが厳しくなったからです。ですので、メーカー及びユーザー的には、優先度が変化して来たのです。WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このサービスって、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。
そう言う理由で、十分にインターネット通信を行なう目的の人にしてみれば、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。

速度制限を気にしてられないと言う方は、一案として考えてみてはいかがですか?WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。
このプロバイダが展開するWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。本来は月々500円掛かる有料サービスですから、6000円分のお得感になると言えるでしょう。
UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX本体しか使わないので、屋内がすっきりします。
固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要があります。モデムは毎月レンタル料が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。

 

また、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社であるUQコミュニケーションズです。
従って、auに連携したサービスがいくつか存在します。
そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineです。

WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。

モバイルインターネットサービスには、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。

 

一例を挙げるとすれば、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。
このサービスは確かに速度制限はありませんが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。

ぷららモバイルLTEの通信速度ですが、速度制限時のWiMAXよりも低速です。ですから、速度制限が無いとは言っても、WiMAXと比べれば、いつも速度制限が掛かっている状態になっているとも言えます。
WiMAXの利点としては、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。

無線を使う形なので、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。
また、WiMAX機器は小型ですので、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。

諸々の点を考慮すると、タブレットとの相性が最高です。ですので、WiMAXプロバイダの中にはタブレットの無料プレゼントを行っている所も存在します。

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っており、そのバリエーションの多さも人気の秘密です。

 

それだけではなくて、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界でも最高額のキャッシュバック特典にあります。それに合わせて、サポート体制もしっかりしていて、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。
WiMAXの通信を行なう為に、専用のWiMAX端末が必要です。
次々と登場するWiMAX端末の種類は多く、WiMAX端末の持つ機能はどんどん強化される一方です。具体的に言えば、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の2つの通信回線も追加されました。

その他には、通信速度が毎年向上して来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な部分が特徴のWiMAX機器です。

その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、従来の二倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
そして、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵していませんから、USBポートから給電しながら利用するタイプのWiMAX端末となります。WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口カバー率99%と言う通信回線で、幅広いエリアで繋がります。

 

更に、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、奥まった場所にまで電波が行き届きます。

 

難点としては、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が広がっています。

更には、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつのインターネットにも対応しています。

昨今、WiMAXサービスのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。
例として、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を導入しています。
その他、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。どちらの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。

UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますけど、25ヵ月間契約プランが一般的です。

その理由は、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

また、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用されるので、結果的に、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。

500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、値引きは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きくなります。毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダがございます。
びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダと言えます。だけれども、auスマートバリューmineには非対応なので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。
そして、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。何故かと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が著しかったからです。

 

そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに搭載されました。

そして、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。
WiMAXサービスの月々の利用料金ですが、実際の所、契約先により金額が違います。

具体的には、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が値下げされます。

この他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。

この様に、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を決めましょう。