25ヵ月間縛りの契約を行なう事で

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。その訳は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。その他、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。

UQ WiMAXのサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約が基本です。

その訳ですが、25ヵ月間縛りの契約を行なう事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
それに、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、おのずと、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。

500円と聞くとそんなに大した金額ではないですが、割引きは月単位の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。WiMAXと契約を申し込む折、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。(情報元:WiMAXのキャンペーンでGMOとくとくBB WiMAX 2+がお勧めな訳

 

特に嬉しいのが、公衆無線LANのサービスでしょう。UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。

どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。
そう言う理由から、auに連携したサービスがいくつか存在します。その中で代表的なものが、auスマートバリューmineです。
WiMAXの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auの料金が割引きされるサービスです。

WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制限は二種類あります。
ひとつめは、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限って言われているものがあります。

続いて、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。でも、混雑回避の為の速度制限に関しては適用となります。WiMAXの中で、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対する情報を最も把握していますし、問題が起こった時の対応も最も早くて的確で、サポート受付け時間も一番長いです。でも、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。

代理店だとキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが可能です。

UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX機器です。

これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあります。

 

この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を1つに束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を達成出来ている訳なのです。とは言っても、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがあるので、選択出来るキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX機器も登場しています。
au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超える、とても繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言った低周波数域を使用したプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がっています。

WiMAXのサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が用意されているところも存在します。具体例を挙げると、DTI WiMAX 2+ってプロバイダだと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。

 

DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やテーマパーク、その上、温泉施設やインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。

映画やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、幅広い方にお得感を感じて貰う事が出来ます。
WiMAX通信を行なう為の端末は、性能アップしたものがラインナップされ続けています。特に、通信速度が速まり、今、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。とは言うものの、近頃は通信速度よりも、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。

 

最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。

なぜならば、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、この適用が厳しくなって反発するユーザーが続出したのです。

 

そう言う事で、メーカーやユーザーとしては、優先度が変化して来たのです。

WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、いくつか思い浮かびます。まず思い付くのが、無線なので、どこからでもネット通信に対応しています。
次に、モバイルの通信規格と言う点で、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。

なお、ネット回線工事が必要ありませんから、毎月の負担も低い状態でインターネットが利用可能です。他にも、料金プランによっては7G制限が無いと言う部分も、WiMAXの人気の秘密と言えます。WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。
プロバイダで違うので一概には言えませんが、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。

2種類の料金プランについてですが、ギガ放題プランと通常プランの2種類です。

ギガ放題プランの場合は若干月額料金が高くなりますが、7G制限の無いお得な料金プランです。反対に、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、速度制限の規制が厳しくなる分の注意が必要です。
毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、どちらか片方の料金プランに決めましょう。

UQ WiMAXを取得すると、WiMAX本体しか必要ないから、部屋がすっきりします。
光インターネットだと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要性があります。

モデムは毎月レンタル料が掛かり、月額使用料金に上乗せされます。

また、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど、無線カードを使用する月はレンタル料金を請求されてしまいます。
毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。
びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。ですけど、auスマートバリューmineには非対応なので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。また、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。
周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、言われているほどハードなものではありません。
WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。また、混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。
速度制限時であったとしても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、帯域制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他社モバイルインターネットサービスだと、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。
問題ない事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。

そんな中で、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、一日中インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を採用し、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信を行えます。

合わせて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このネット通信サービスって、7G制限が無く、そこが評判となっています。
そう言う理由で、それなりに通信を行なうと言う方にしてみれば、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、検討するというのも悪く無いでしょう。
WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、期間内に解約をすると契約解除料を取られてしまいます。そんな長期契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約をしたい所です。うっかり見逃されがちな部分が、各申し込み先のサポートセンターの応対です。コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダもありますから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。WiMAXの端末の中には、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口カバー率99%と言う通信回線で、幅広いエリアで繋がります。

 

合わせて、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった部分まで電波が行き届きます。

一方で、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が適用されます。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。
そのテクノロジーにより、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsになるのです。

 

それに、Bluetoothにも対応してますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。
WiMAXに関して調べていると、様々な事が言われています。

 

具体的には、通信が安定しないだとか、そう言う悪評もあります。
なのですが、WiMAXの通信環境は日々改善されています。
ですので、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。

WiMAXに関する口コミを読む際は、口コミが投稿された日付けから先に確認しましょう。

WiMAXの特性としては、無線でインターネットアクセスする事が出来ると言う部分が挙げられます。無線を使いますから、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。その上、WiMAX機器はポケットサイズですので、携帯性に優れています。諸々の部分を考えると、タブレットと一緒にカバンに入れて持ち運ぶのも良いでしょう。
ですので、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、帯域制限に注意しましょう。
他社のモバイルインターネットと比較すると、WiMAXの速度制限は厳しくありません。そうは言っても、通信速度は適用される可能性がありますので、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。

ただ、うっかり速度制限の対象となってしまった場合でも、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。
昨今のネット業界においては、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。
小型のルーターを持ち運んで無線を使ったインターネット通信が可能ですから、とても便利なインターネットサービスとなっています。モバイルと言うと、通信状態の信頼性が乏しいところはあります。しかしながら、モバイルを取り巻く環境は整備が進み、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。
ですから、そんなモバイルに対して、安定しないと言う事は無いです。

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特長としては、月額料金が安い点があります。その分だけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。
結構な値段となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。

 

そう言うわけで、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルとセットで無料のとこもありますので、そんなプロバイダを選択すると良いです。
WiMAXの通信を行なう為に、専用のWiMAX端末が必要です。

 

専用のWiMAX端末は定期的に新製品が登場し、WiMAXはどんどん多機能になっています。
一例を挙げると、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。
それから、通信速度も年々速くなって来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された際も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。家電量販店にて、光回線のサービスを店員さんから勧められました。WiMAXを既に使用している私ですし、勿論、必要性を感じません。販売員に必要ないと伝えたところ、呆れるような営業トークをされました。

 

WiMAXなんか、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?ですけれども、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。
強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応している地域が拡大しています。加えて、au 4G LTE対応はHWD15から受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しつつの通信にも対応してます。