知り合いに頼んだら・・・

初めて、ひとり暮らしをすることになり、引っ越し業者に頼むと、結構な料金を取られるので 
うちの鉄工所のトラック使い、知り合いや友人が手伝って貰って引っ越しをすることになりました。

荷物の積み込みに 慣れていない人たちの集まりで 一台に納めるために 何度も
積みなおしをして やっと 何とか出来たら お茶タイム。
お引越し先に着くまでに 渋滞に巻き込まれ 着いた時には もう 予定から
大幅に遅れていました。
いざ 搬入しようとしたら 後追いの人たちが到着せず また 時間をロスするはめに・・・
後追いの人たちが揃い やっと 搬入開始。
搬入にも 慣れた人はいなく あちこちにぶつけながら とりあえず 運び込むことが出来ました。
そして ご飯タイム。しばらくの歓談の後 一応 お引越しは 済んだのでした。
しかし 次の日 部屋をじっくりと眺めてみると あちこちに 家具やらが ぶつかった跡がありました。
そして 床には 油の痕が・・・
安く済まそうと思ったのに 部屋の傷や床の油じみ 
数字には表れない 高い引っ越しになってしまいました。

引越しの時期