乾燥肌を予防するためのスキンケア方法

乾燥肌対策のスキンケアといえば、真っ先に連想するのが、化粧水や乳液をつけて、お肌の保湿力を高めることではないでしょうか。乾燥肌が気になる時には、化粧水などを使ったスキンケア以外にも、お肌のためになることが存在しています。

顔の洗い方は、肌ケアの成果を大きく左右します。洗顔のやり方を変えたことで、乾燥肌がよくなることがあります。肌への負担を軽減することが、乾燥肌対策にはとても大切になります。お肌を落ち着かせる時は、顔にこびりついた汚れをよく洗い落とし、肌のバリア機能を蘇らせるようにすることが、大事になります。洗い落とす力が協力なクレンジング剤は肌を傷めるので、目元や口元などメイクの濃いところだけに使います。クレンジングケア及び洗顔ケアでは、毛穴の中に残っている汚れまで取り除くことが大事ですが、洗う力が強すぎる洗顔債は肌への負担になります。油分を含む汗がたくさん出るけれど、肌自体は乾燥肌で常にカサカサという人もいます。洗顔剤を手の平でよく泡立てて、泡で顔を包むようにして洗いましょう。こびりついた汚れを念入りに落とすという時でなければ、石鹸は使わないようにしたほうがいいようです。洗顔の時に使うお湯の温度は乾燥肌の人であれば26~28度が適温です。浴槽のお湯の適温が38度~42度であることを考えれば意外に低い温度だと分かると思います。洗顔後は、吸水性のいいタオルを肌に押し当てるようにして、水分を吸わせます。とにかく肌に負担をかけないようにしてください。正しいスキンケアで肌をいたわり、乾燥肌からしっとりとしたもちもちの肌になりたいものです。
http://www.everything-baby.org.uk/