別れ際の粘りは避けるべし!

別れを切り出された。

倦怠期の感が否めない。
こんな時に「捨てられたくない」「別れたくない」と感じたら、まずは平常心でいることが肝心です。
ただ、こう言った場合には往々にして多くの人が悪あがきして、別れてなるものかと粘ってしまいがち。
そもそも、男女の関係において粘って功を奏することはほとんどありません。
そうやって相手に執着すればするほどに、置き去りにされてしまうのです。
何故かというと、そうやって悪あがきしている人の下ごころは察知されやすいからです。
なんだか媚を売られている気がする。
やたら卑屈になっているのがミエミエ。
そんなふうに見られてしまい、相手は離れていって仕舞います。
つまり、関係に危機感を抱いたらまずは最初にクールダウン。
そういう時こそ、相手との距離を自らはかるのが正解です。
このタイミングで「去るものを追わず」という態度を取られたら、潔く別れを飲み込むべし。
情が残っているのであれば、去る人を引き留めようとするものなのです。

福島出会い