グラフをつけて行うダイエット

朝起きた時の体重や、その日食べたものを日記のように記録していくレコーディングダイエットが流行りましたが、より効果的な方法として、これをグラフ化してみる方法があります。

朝起きた時の体重を折れ線グラフにして毎日記載することで、体重の推移を把握しやすくなります。ここに何を食べたのか、どのような運動をしたのかというものも記載するようにすると、体重が減った時の前日はいったい何を食べたのか、どのような運動をしたのかということを把握しやすくなりますし、その逆もあります。

女性の場合には、ここにさらに基礎体温なども記録することで、月の中で自分がいつ痩せやすいのか、太りやすいのかなどを把握しやすくなります。女性はどうしてもホルモンバランスの影響により痩せやすい時期と太りやすい時期がありますが、グラフ化することでかなり視覚的に分かりやすくなってきます。痩せやすい時期は頑張って痩せる。太りやすい時期は太りにくい食事をするといったことを心掛けるきかっけづくりにしていくことが可能になります。

果を見得るかするだけで、どうしたら自分にとって痩せやすいダイエットができるかを知るきっかけになりますので、グラフ化するということはおすすめです。