DOC

DOCという言葉をご存知だろうか?これはダブルオーバーヘッドカムシャフトのことを指しています。この言葉は、何となく懐かしく感じますね。

DOHC、またはツインカムという言葉ですが、何ともいえない響きのあること場でした。ホントときめきましたね。いつかは、DOHCみたいな、そんな感じがアリアmした。でも、この言葉はもう死語ですね。全然聞かなくなりました。知らない人も多いだろう。もう、当たり前だからね。このDOHCとは何かという話しですが、レシプロの4ストロークエンジンでは、シリンダーの中へ混合気を吸い込んだり、その混合気を圧縮したり、燃え終わったガスを排出するために、吸排気バブルというものが、どうしても必要になってきます。そのバブルは、雨傘がおちょこになったような格好で、燃焼室のてっぺんにあり、柄の部分を支えて上下に運動させるのが、カムと言います。回転するカムの卵の断面のような格好をした出っ張り部分でバブルを押し出し、吸気口や排気口を開きます。車売るなら・