金融

借金と過払い金

借金は払い過ぎが起こりやすいもので、いつの間にか払い過ぎという状態が起きていることもあります。
もし払い過ぎが起こっていると気付いた場合には、できるだけ早く弁護士に相談しましょう。
会社から払い過ぎたお金を取り戻す段が進めば、返還されることがあります。
(さらに…)

勤務先情報

キャッシングで借金する時には、勤務先及び勤続年数の申告を求められます。
借りる人の返済能力の有る無しを調べるためです。
その後、勤務先に在籍を確認する為の電話等が来ます。
(さらに…)

キャッシングの利子

キャッシングの利子は借りた金額によって異なるのが一般的なパターンです。
借り入れ金額が少しだと高額利子になりますし、多いなら低金利になります。
ですから、いくつかからわずかに借りるより、まとめて一つの機関から借入れた方が損になりません。
(さらに…)

無利息でお金が借りられるキャッシングとは

多くの消費者金融では、無利息でのキャッシングが可能なサービスをしています。

利息を支払わず、借りたお金をそのまま返済すればいいだけのキャッシングなら、魅力的に感じる人が多いでしょう。 (さらに…)

弁護士さんとの相談まみれの1時間でした

信用情報を開示してわかったんですが時効援用したときに消費者金融の1社がいやがらせなのか登録した日にちが他社より1月半以上遅いんです。このせいでブラックリストからの脱出が遅くなってしまいます。相談してもらった弁護士さんありがとうございました。
(さらに…)

ローンの心変わりも否めない

ブラックリストに掲載されると借金やローン、クレジットカードが作れなくなると聞きますが、実際にもかなり難し状態になります。 (さらに…)

審査通りやすいカードローンは有るかどうか

カードローンを利用する場合は、申し込みをした後に審査が有ります。
それによってその人に融資しても良いかどうかという事が判断され、その結果によって融資の可否が決まります。
他社借入が無く、さらにある程度の収入があり、勤続年数も長く、公務員や大企業に勤めている人の場合は審査においてそれ程不利な条件があるとは言えません。 (さらに…)

キャッシングの審査基準

1.大手では大差ありません
消費者金融それぞれに評価基準は違いますが、CMをしているような消費者金融だとそれほど大きな違いはないものです。
大きな違いがあるとすれば規模の小さな消費者金融です。
大手の消費者金融と比較して審査基準が厳しいと誰も大きくはない消費者金融から借入するような事はしません。
消費者金融にお金を借りている方がどこへ行ったか分からなくなってしまった時には、借りているお金に時効というのは設定されているのでしょうか?もしも、あるのなら、行方知れずということにして、特定できない場所にひそんで時効が過ぎてから現れるなどという発想をする方もいるのではと思われるのです。
お金を借りることは働いていれば、主婦にでも利用することが可能です。
(さらに…)

返還が出来ない状態になった際、滞納してしまう

クレジットカードの行動やキャッシングの行動をして、返還が出来ない状態になった際、滞納してしまう場合が有ります。
こういう滞納も1か月程度であればまだ良いのですが、債権ヒトからの督促が来ても長年に渡って滞納という事になると拠り所見聞役所(ブラックリスト)に自己見聞という見聞が記載される事になります。 (さらに…)

連帯保証人は自己破産する際には注意しよう

連帯保証人になってしまうと、債務から免れることは無理です。詰まるところ、申立人が裁判所から自己破産を認められたとしても、連帯保証人の債務が消失することはないのです。 (さらに…)